継続事業一覧

事業内容 開始年度 継続回数 内容
街頭献血活動 1967年 42回 結成当初よりほぼ毎年実施。
会場も協和銀行豊橋支店、豊橋西武、イトーヨーカ堂と変遷。2007年より現在のライフポート豊橋での 「いきいきフェスタ」の会場で実施。実質献血者数も6,780名に達している。
敬老の日事業 1978年 33回 はじめては海外在留邦人で老人ホームに暮らすお年寄りにクリスマスカードを送ろうというものでした。 その後豊橋市内の養護老人ホームのお年寄りに市内の小学児童、幼稚園児の書いたハガキおよそ2,000枚を お届けするという事業に変わりました。老人ホームのお年寄りが増え、児童・園児の数が減った現在では 2001年より、昭和保育園の園児が其々の祖父母に敬老慰問ハガキを送り、またクラブ員が老人ホームを慰問に 訪れるという形に変わりましたが現在も続いております。
成分献血 1991年 20回 CN30周年記念事業の一環として始められた成分献血活動はすでに当クラブの代表的な事業に定着。1992年7月には 「第28回献血運動推進全国大会」にて厚生大臣表彰に輝いた。50周年の今年度成分献血協力者通算一万人を達成し、 2月に記念例会を開催した。
ふれ愛まつり
チャリティーバザー
2003年 8回 豊橋ちぎり寮にて毎年開催される「ふれ愛まつり」に協力参加。会員より集められた品物のチャリティーバザーを 行ないその売り上げとクラブからの寄付金を年末に義援金として豊橋ちぎり寮に贈呈している。
朝倉川ビオトープ
整備活動
2007年 5回 NPO朝倉川育水フォーラムが取り組んでいるビオトープの整備活動の実施。会員が自らカケヤによる杭打ちを行なったり 草刈り機を使ったり、丸太の皮むきをして橋を架けたりと金銭面だけでなく労力面でも携わっている。

ご質問

ライオンズクラブ入会案内